シルバーセンターとは

センター情報

小山市シルバー人材センターの役割

情報公開    アクセス  パンフレット

●センターは、健康で働く意欲のある高齢者に就業を通じて、自らの健康の増進や生きがいを充実させ、高齢者の能力を生かした活力ある地域社会づくりに貢献する活動を行っています。

●センターは、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づき「自主・自立、共働・共助」を基本理念として栃木県知事から認定を受け、国・県・市から指導・助成を受ける営利を目的としない公益法人(公益社団法人)です。
●小山市在住の60歳以上で、健康で働く意欲のある方が、センターの事業趣旨をご理解していただき会員として登録します。
●会員は自主的に組織や事業の運営に参画します。
●家庭・企業・公共団体等から高齢者に臨時的・短期的またはその他の軽易な仕事を有償で引き受け(請負または委任)会員に組織的に提供します。
●仕事の契約は、センターと発注者との間で行い、センター・会員・発注者のいずれの間にも、一切の雇用関係はありません。

社団法人小山市シルバー人材センター設立趣意書

高齢化社会が急速に進展している現状において、高齢者の真の福祉を考えるとき、それは、高齢者自身が自己の知識と経験を活用し、社会の一員として生きがいのある生活を営めるようにすることであります。

この趣旨にそって、高齢者自身の希望と能力に応じ、高齢者に適する仕事に就業する機会を与える場として、小山市シルバー人材センターを設立しようとするものです。

このセンターは、健康で働く意欲のある高齢者が自主的に運営し、補助的、短期的な就業を通じて、社会の第一線を退いた高齢者の労働能力を活用することにより、高齢者の能力を生かした活力ある地域社会づくりに寄与することを目的とします。

(昭和58年9月 小山市シルバー人材センター設立許可申請書より)

● 組織図